真っすぐ構えるという事

おはようございます
海老名のなんでも屋さん、インストラクター竹村です

入社してからいろいろ作成したり修理をしてきました
壊れそうになるまでやってみる!がもっとうです
専門の業者さんに、良くできたね!なんて言われたこともあります

最近では、みなさんに大好評のパッティング練習器具「パッティングガイド」
(ストロークガイドもあるのでこのような感じでどうでしょう?)
いろいろ作成したなかでも、中々の出来だと思っております。
インストラクター間で、幅とかサイズとかを話しあって作ったんですよ
販売のご要望も頂いているので、検討している最中です。

さて、今月から特別レッスンを始めました。
毎週土曜日の15時30分から行っています。
おかげさまで、参加者の方が増えております。
ありがとうございます。

綺麗なスイングを形成する7つのポイントの1つ、「構え」。
これが今月のテーマとなっております。

動きは現象、構えは原因です。
すなわち、悪い動きは悪い構えから生まれてしまうわけです。

目標に対してまっすぐ構えるとは、
飛球線(ボールと目標を結んだ線)に対して、体のラインを平行にする事。
リーディングエッジ(フェースの刃の部分)を飛球線に対して直角に構える事。
です。
上記をする為には、体の各パーツをどのようにすれば良いか?
をお伝えするレッスンです。

ゴルフのスタートラインをもう一度一緒に確認して、
ボールをコントロールする技術を身につけましょう!!