松山選手のようにカッコイイスイングに!②

おはようございます、植松です。

今日は桜の季節のような暖かさですね

是非、レッスン・練習にお越しください。

 

さて、先週触れずじまいなってしまった、

「松山選手のようにかっこいいスイングに」

というテーマです。

 

先日の「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」で松山選手が

アメリカPGAツアーでの4勝目を上げましたね。

最近の強さは、メジャーでの勝利を十分に期待させるものですね!!

 

ま、話が大きくなり過ぎて、ちょっと遠いお話な感じになっちゃいましたが、

やはり綺麗なスイングをした方がいいですよ~ということを言いたいわけです

松山選手、とても綺麗なスイングで独特の癖というのがとても少ないですよね。

女子でも、ここ二年賞金女王のイ・ボミ選手しかり、

アマチュアながら日本のメジャーに勝った畑岡選手しかり、

最近の若くして活躍している選手はみな綺麗なスイングをしています。

これだけ、映像解析ツールが、誰にでも手に入る時代にあれば、

これからの時代この傾向はどんどん進むのではないでしょうか

 

これは、何もプロだけにいえることではなくて、誰にでも大切なことだと思います。

私は家族で楽しくプレーしたいだけ、という方にもいえることです。

なぜなら、その方が結果として当たるように、曲がらないようになるからです。

だから、練習も、

 

一生懸命当てようとすることや、

まっすぐ飛ばす事、、

 

を目指すのでは、なく

 

いい動きをできるようにする

 

がいいです。

その為には、ドリルや素振りをたくさんする事です。

ボール打ち”よりも”多くすることが大切ですよ~。

ドリルや素振りで出来ないことは、ボールを前にしたら

もっと出来ませんからね

 

まずは、ドリルでできる

つぎに、素振りでできる

最後に、ボールを打つ時にも出来る

という順にできるようにしていくといいですよ