時代

こんにちは、植松です。

 

今日も良い天気ですね

でも、だんだん梅雨らしい天気の日も増えてきましたね

 

先日終わった全米オープンですが、松山選手ホント惜しかったですね。

メジャーに勝つ日も近いそうですね

 

しかし、最近活躍してきている若い選手、

松山選手もそうですが、みんなスイングがとても綺麗ですね。

マキロイもジェイソン・デイもジャスティン・トーマスも勝ったケプカも。。

 

これも時代なのでしょうね

かれらの少年時代、すでにデジタルカメラは当然のツールだったはずです。

なので、小さいころから自分のスイングを客観視するということが容易だったでしょう。

そして、スイングのお手本となったであろうタイガーウッズのスイングと比較したり、

真似したりと言ったことも簡単にできるようになったはずです。

それ以前の時代では、そう簡単には自分のスイングを撮影したり、簡単にみたり

と言ったことが出来ませんでしたからね。

技術の進歩がゴルフの習得へ影響を与えたのは間違いないと思います

そして今後も、この傾向が続くのは間違いないのではないでしょうか。

個性的なスイングのプロ、というのはどんどん少なくなっていくと思います

 

ということで、アマチュアゴルファーであっても、というか、アマチュアゴルファーこそ

自分の動きを客観視して、良い形でスイングしていけるように目指すことをお勧めします。

練習では良い動き、キレイな動きを目指してくださいね

その「結果として」良いボールが打てるようになる、というのを目指しましょう。