緊張感

おはようございます、植松です。

 

先日の火曜・水曜日とレッスンをお休みさせて頂き、ブリヂストンゴルフアカデミー(以下BSGA)チャンピオンシップという競技に参加して来ました。
これは、年に一回、BSGAのインストラクターが集まって行う大会です。
今年は、栃木県にある「太平洋クラブ佐野ヒルクレストコース」で行われました

このコースとてもキレイに整備されていますし、広々していてとても美しいです
しかし、なかなかやりがいのあるコースです。
ティーショットの落としどころには、左右にバンカーがあったり、クリークがあったり。
特にパー3は、池、池+クリーク、クリーク、グリーン手前が崖、、、と全てが気を抜く事ができないものです。
グリーンもアンジュレーション(うねうね)があって、よみがい?あります。

で、結果ですが、
残念ながら、全国で10名が進む決勝に残る事は出来ませんでした

こういう大会に出るとやはりとても緊張します。
周りはとても上手く見えますし、実際とても上手いです
しかも、会ったことも話したこともないインストラクターと回る事もしばしば。
なので、コンペや親睦会などで皆さんが感じる緊張感と同じものを味わってきました

このような緊張させられる状況というのは、誰にとっても心地良いものではないですよね?
出来れば避けたい、、となりますよね?!
でも、これも良い経験にきっとなりますよ。
次にプライベートのラウンドをする時には、1番ホールのティーショットでも気楽になるのではないでしょうか?
あの時と比べたら、気が楽だな、、って。
それに、いつもと違うメンバーでラウンドする事で、勉強になること、感じることが必ずあります。
だから、みなさんにも是非、親睦会やコンペ、ラウンド会やインストラクター対抗戦、合宿などにどんどん参加して下さい。
自分が出ていいものなの?とか、知らない人ばかりで心配、、とか色々不安はあるかと思いますが、きっと勇気を出して参加して良かった、と後から思えますよ!

10月22日(日)のコンペもわずかですが、まだ空きがあります。
お待ちしておりま~す