スタンスをとるときに、後ろにキャディさんが立つと2打罰です!!

こんにちは
インストラクター竹村です

2月に入りました。時間が経つのが早く感じるのは私だけでしょうか?
2月は、節分、立春、建国記念の日。。。etcいろいろありますね。そして、私の誕生日月でもあります

海外のゴルフツアーで、今年からのルール変更によるペナルティがニュースになっていました。内容は、プレーヤーがスタンスをとるときに、飛球線の延長線上にキャディがいてはならないというもの。

なぜ、だめになったのか?理由は、ゴルフは本来1人で行うのに、体の向きを決めるのに、誰かの補助があるのはいかがなものか?また、キャディがOKを出してからスイングしたのでは、時間が掛かってしまうという事もあります。以上のことから、違反になってしまいました。2打罰です。

このことで、先ほどのプレーヤーは1000万円損してしまったそうです。ルールって怖いですね。破ってしまったら問答無用。たとえ知らなくても指摘されてしまったら罰が与えられます。知らないと損、してしまいます。プロで賞金が掛かっていますし。

では、アマチュアはどうか?もちろん守らなくてはいけないと思います。ただ、今までのルールの把握も難しいのに、さらに覚えなおさないといけない。本当に難しいですね。ルールがないと、秩序がなくなってしまうため、なくてはならないものです。ただ、どこまでちゃんとするか?これは一緒にラウンドする人と相談になると思います。

ゴルフは人に迷惑をかけない最低限のルールとマナーを覚えていれば誰でも楽しめるスポーツです、とブリヂストンゴルフアカデミーのテキストの最初のページに書いてあります。ラウンド中に最低限気を付けたいことは、ショット後の芝生の補修、バンカーならし、グリーン上の穴の回復、危険を知らせる、前後を空けないといったところでしょうか。現状回復と危険回避、ジュニアゴルファーに教えていることです。この2つを必ず守り、前の組に追いつくようにして楽しくラウンドする。私たちはこれにつきます。そして、以前までのルールや今年からのルールを少しずつ把握して欲しいです。

自分への誕生日プレゼント。毎年ご褒美を、と考え、ネットでいろいろ検索検索・・・昨年はパターを購入しました。今年は、これだ!という物が浮かばず、さみしさがありましたが、見つかったんです。それは、先日全豪オープンで優勝した「大坂なおみ選手」モデルの時計です。3月発売で予約が1月中旬からとのこと。オレンジ色のベルトがかっこ良く、時計もしたままテニスをしていたので、ゴルフでも大丈夫なのでは?と思いました。私は普段から時計をしたままゴルフをしているのですが、軽くないとスイングがしづらいため中々新しい出会いがありませんでした。検索してみると、かなりのお値段(私の感覚です)・・・・。1000本限定・・・そそります・・・。大活躍の前からのスポンサーのブランド。日本のメーカーです。大坂選手の応援を兼ね、またミーハーな自分の性格も合わせ、購入できるか調べたところ・・・予約できませんでした。また、予約できるところでは、定価の2倍以上の価格での販売などがずらり・・・。縁がなかったな、と思ったお誕生月でした