距離計測器使用してみました。

こんにちは、新たに欲しいモノ発見!!太田です。

今日は、2019年新ルールについてです。

皆さんにもミニ講座でお伝えしましたが、今年から距離計測器の使用が認められるようになりました。

今までは、ヤーデージ杭を参考に目測、歩測を行なってグリーンまでの距離を把握していました。

ただ、人のすることですから正確な距離ではない事もしばしば・・・

そんな私が、先日コースレッスンで参加して頂いたスクール生が貸して下さったレーザー型の距離計測器を初体験。

最新型の距離計測器(ニコンクールショット)なので直線距離はもちろん、傾斜角を感知して打つべき距離をプラスやマイナスの計算を勝手にしてくれるものを使用させていただきました。

結論から言うと、

欲しい

の一言です。

グリーンまで、必要な距離感が明確になることはもちろん、ティーショットで使用すれば、バンカーやペナルティーエリアまでの距離をしっかり把握できるので、安心してドライバーが打てるのか?クラブを変えて刻む必要があるのか?がはっきりわかります

しかも、距離計測器で残り距離がはっきりする事で、しっかりミート出来た時には飛距離が伸びてることに気付かせてもらえました。

冬場の練習の成果を実感する事にもつながりました。

しかし!!飛ぶようになったのでグリーンをオーバーする事がしばしば。
ゴルフは手前から攻めるのがセオリーなので、スコアはイマイチ。スクール生にいいとこ見せられなくて残念。

計測器を買って、各番手の距離を把握し直さねば。また、ウチの財務省に相談です。

また、課題が増えた・・・。がんばります。

 

補足ですが、競技ゴルフに参加する方は、直線距離のみ計測が可能になったので、今回お話しした、傾斜角を計算する機能は使用できないのでご注意下さい。