3本持ちが主流!?

こんにちは、50°、56°の2本持ち太田です。

今日はウェッジのお話し

皆さんは何本キャディバッグに入っていますか?

さらに、各番手のロフト角を把握してセッティングしてますか?

これを整えておくことで、100以内の距離感が抜群に良くなりますよ

「いやいや、クラブセット買ったときにSw(サンドウェッジ)とPw(ピッチングウェッジ)がついてたから」

それもそれで良いのですが、単品売りのウェッジの方が、よりショートゲームに特化した作りになってるんですよ

例えば、バンカーから脱出しやすかったり、ラフからでもクラブが振り抜きやすかったりと良い事まんさい。

「じゃあどのように決めたらいいの?」

それは・・・・。

人それぞれ!!

というのも、持っているPwのロフト角が何度かによって決めるのが一般的。

「Pwってどれも一緒じゃないんですか?」

違います。

40年前は50°、20年前は48°、10年前は46°、最近は44°とPwのロフトがどんどん立ってきているのです。

だから、いつアイアンセットを買ったかによって、人それぞれなんです。

約10年前のクラブを使用し続けている私はPw46°で、Aw50°、Sw56°のウェッジ2本持ちでOK!!
(番手間ロフトは4°刻みが一般的)

最近のクラブをお持ちの方は、Pw44°な訳ですから、48°、52°、56°又は58°の様に3本待たないと、番手間の距離の差が大きくなってしまうわけです。

 

是非、キャンペーンに参加して自分のクラブセッティングをINSと一緒に見直しましょう。

100ヤード以内を制する者はゴルフを制す。
NEWウェッジで夏ラフをかっこよく脱出しよう!!