グリーン周りのアプローチの基本の打ち方・構え方 ピッチショット

おはようございます
インストラクター竹村です

10月に入りました
少しずつ涼しくなってきて、ゴルフ日和の日が続いています
先日のYYゴルフも最高のお天気でした
YYゴルフのYの上端のようにドライバーは左右に曲がっていましたが・・・・

さて、今日のテーマはピッチショット。高く上げるアプローチです。
グリーンの前にバンカーなどの障害物があるときに使えると便利ですね。
クラブはSW、AW、PWなどのウェッジ。
スタンスは、ふり幅に耐えられる広さでOK。
ボール位置は左足かかと線上。
グリップは少し短く握ると良いですね。指1本分でOKです。
グリップを置く場所は左太もも内側。
両肘は軽く曲がっていると尚良いですね。

あとは、ゆっくりスイング。
いつもよりゆっくり振ると、ボールがよく上がります。
ロフト(※)がボールを上げてくれるので決して上げようと振らないこと。
クラブを信じて、構えたところにクラブが戻るように振ってください。

ボールを上げるショットは勇気が必要です。
大きく振って高く上げます。
そのため、失敗したら遠くに飛んでしまいます。
失敗のイメージよりも成功イメージが出たときに、
はじめて成功する確率があがります

ここぞ!というときに使えるように練習しておくことをお勧めします

※ロフトとはシャフトとフェースの間の角度です。シャフトをターゲットラインに対して直角にした時のロフトがそのクラブの適正ロフトになります。