頭が真っ白にならないようにするには?

おはようございます
インストラクター竹村です

ゴルフのラウンド中、
頭が真っ白になった
訳がわからなくなった
何をすれば良いか分からなくなった
怖くなった
・・・etc
いろいろな事を考えた事、感じた事はありますか?

世の中には、こういった事を感じない方もいるようです。
天才といわれる方はそうなんだと思います。
直感でなんとかやり過ごせる、そんな方は一握りです。

では、どうすれば良いか?
どうすれば良いと思いますか?

対処方はいくつかあると思います。
出来る事を頑張る。
これを私は皆様に伝えています。

多くの方が、結果が悪いと「何が悪かったか?」を考えます。
今まで教わってきた事、すべてを思い出すかのように。
そうなれば、頭が混乱してしまうのは当然。

結果をコントロールする事はとても難しいです。
もちろん、結果を自分の望み通りにすることが目的です。
良い結果に繋がるように、自分が出来る事を、最善を尽くしてほしいのです。
何が悪かったか?を考えるのではなく、
自分がやりたいことが出来たかどうか?を確認して欲しいのです。

目標にまっすぐ構えられてたかな?
フェースの向きはどうかな?
ボールの位置は?
ボールの状況判断は適切だったか?
風はどうだったか?
距離の目測はどうだったか?
打つ前の自分の気持ちはどうだったか?
コースの雰囲気にのまれていなかったか?
上記が、打つ前の状況判断の善し悪しの確認です。

自分のやりたいスイングが出来ていたどうか?
こちらが、自分がやりたいことが出来たかどうか?の確認になります。

普段の練習で、自分でやりたいことが出来たかどうか?
のチェックポイントを明確にして欲しいのです。
レッスンでは、インストラクターがお伝えしている・・・はず。
もし、わからないor忘れていたら、レッスンで再確認しましょう。

チェックポイントは、できるだけシンプルな方が良いですね。
例えば・・・
フィニッシュで3秒立つ
リズムに合わせてスイング
1度力を入れて、その後力を抜いてからスイング
・・・etc

自分で決めたチェックポイントが守れていればOK!!
例え結果が伴わなくても、チェックポイントが守れていれば、その内上手くいく・・・はずです
ラウンド中、チェックポイントが守れたか?守れなかったか?をインストラクターに教えてください。

守れたけれども上手くいく事が少なかった場合は、チェックポイントを変更するか相談していきます。

守れなかったら、どうして守れなかったか?どうすれば守れるか?チェックポイントを変更するか?を相談していきます。

チェックポイントが多い方は、まずはインストラクターと相談して、1つか2つに絞る事、おすすめします。
チェックポイントが多すぎると、せっかく自然の中で楽しめるゴルフが練習場のようになってしまいますからね